フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

雨雲レーダー

今日の月齢

無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2019年5月17日 (金)

千歳川清掃

恒例の千歳川清掃活動に行ってきました。

今回の場所は千歳川中流都排水機場前後の河川敷です。
ここは一般の車も河川敷まで入ることができるため不法投棄などのゴミが捨てられやすい場所です。
「ふる里の自然を考える会」主催のもと総勢14名が集まりました。


Img_0076




この日は北風が強く吹いていましたが天気も良くて最高の活動日和でした。

参加者はゴミ袋を手に河川敷に散らばってゴミを拾い集めました。
中に布団といった大型の家庭ゴミも捨てられていました。
いったいどういう思いで捨てていったのでしょうね。



Img_0074




最後は全員で記念撮影。

約1時間で軽トラック1台分くらいのゴミが集まりました。
次回は秋11月頃の予定です。



Img_0077



参加者全員に豚汁が提供されました。

いつもながらとても美味しい!
3杯も食べてしまいました。

2018年6月12日 (火)

滝の上自然公園

2週間ほど前になりますが夕張地方に釣りに出掛けた帰り道、滝の上自然公園に寄ってみました。

「滝の上」って道北地方のではありませんよ。

千歳から国道274号線を東進、つまり夕張方向に行くと紅葉山の手前に夕張市滝の上という小さな集落があります。
JR石勝線で「滝ノ上」という駅があります。
ここに自然公園があるのは昔から知っていましたが寄ったことは一度もありませんでした。

数えきれないほど通過しているのですがいつも素通り。
きっと大したことないと思っていたのでしょうね。
今回初めて思い立ち急きょ立ち寄ってみることにしました。

Dscn0818



駐車場脇に立っている案内看板を見て吊り橋が2つあることを知りました。

遊歩道を歩いてもたいした距離ではないため一周してみることにしました。
この日は天気が良く木漏れ日がとても気持ち良い夕方でした。

Dscn0791



遊歩道を歩くとすぐに1つ目の吊り橋が現れました。

「千鳥橋」という名前が付いていました。
何気なく足を進めて吊り橋を渡るともうビックリ!




Dscn0792



いきなり眼下にこんな景色が広がっていたのです。

あまりの絶景に圧倒されまくりでした。
気の遠くなるような年月をかけて夕張川の浸食によってできた渓谷美!
ほんとに驚きました。

現在では竜泉峡といわれるこの渓谷はアイヌ語で「ポンソウカムイコタン(北方の神々が住むところ)」と呼ばれていたそうです。

奥に見える滝は「千鳥ヶ滝」というそうですが増水時はさぞかし大迫力なのでしょうね。
見てみたいものです。



Dscn0793



発電所があるのできっと放水口でしょう。

秋の紅葉時期なんてきっと最高でしょうね。
今年は絶対秋に行ってみます。



Dscn0794



千鳥ヶ滝のアップ。

ここはダムの減水区間なので水量は少ないですが増水して川幅全体に水が流れたらきっと壮観でしょうね。

見てみたい!




Dscn0798



崖の岩場の上にはこんな穴が・・・

いったい何のトンネルでしょうか?
廃道・廃トンネルマニアの僕としてはとても気になります。

昔の人間用隧道かそれとも発電用導水路か。
出口で路盤が崩落しています。もしかしたら崩壊によって地上に出現したのかも・・・

想像が膨らみます。




Dscn0801



ひとしきり絶景を楽しんで吊り橋を渡ると森の中の遊歩道が続いています。

遊歩道はきちんと舗装されておりきれいに整備されていました。




Dscn0803



少し歩くと2つ目の橋がありました。

最初の千鳥橋より下流に位置しています。
「滝の吊り橋」と書いてありました。




Dscn0804



上流方向です。

奥に千鳥橋が少し見えています。
放水口から下流なので夕張川の水量が多くなっています。




Dscn0805



これは下流方向。

まだまだ深い谷が続いています。
自然の力ってほんとうに凄いもんです。

ちなみにこの辺りに魚はいるのか?という疑問が湧き起こりませんか。
釣り人の性なのでしかたありませんね。

答えは・・・
皆さんのご想像におまかせすることにします。




Dscn0813



夕日を浴びるツツジがとても綺麗でした。

サクラの木もたくさんあったので春もきっと綺麗でしょうね。




Dscn0816



駐車場の横にこんなレンガ作りの建物が!

めっちゃ萌えます!
入り口上部に見える扁額が見たい!




Dscn0817



「瀧 ・ 之 ・ 上 ・ 發 ・ 電 ・ 所」!!!!!!!!!

旧字体!!!!!!!!

もう鼻血がでる寸前です。
これはもう明治か大正時代に建てられたものに違いありません!
でも明治なら右書きの可能性が高いので大正時代か?

設計者の気高き意匠を感じざるを得ないラウンドした窓にもう萌えまくり。
昔の建築物ってやはり凄いです。




Dscn0820



閉ざされたゲートに近づくと案内板がありました。

大正14年1月に完成したようです。
発電所の建屋をそのまま使い、現在も中で発電機が回っているそうです。

調べると毎年10月中旬に催される紅葉まつりの時に中が一般公開されるそうなので紅葉狩りを兼ねて行ってみようと思います。

それにしてもいつもの通り道にこんな絶景があったなんて。
まだまだ知らないところがたくさんありそうです。

ちなみにこの日の釣果はというと
アメマスの良型がけっこう釣れました。

2018年1月 1日 (月)

車を入れ替えた!

新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

新しい年2018年が始まりました。
悔いが残らないよう遊びも仕事も全力で突っ走りたいと思います。
もちろん息切れしないようにしますが。



話は変わりますがタイトル通り車を入れ替えました。
10月頃からディーラーに勤める友人に車を探してもらっていたのですが2か月を経てついに見つかりました!

前の車ランクル80はまだまだ走ってくれそうですがいかんせん走行距離が・・・。
部品を取り替えて頑張ったのですがやはり走れるうちに売って買い替えた方が得策という結論に達しました。
長年乗ったのでとても愛着があったのですがついに手放すことにしました。

そして次に買った車は・・・


Pc310003


ジャ~~~ン

こいつであります。
トヨタランドクルーザー100 VXリミテッド 平成19年最終型ガソリンワゴンです。
12月下旬に納車されたばかりです。

初めは当たり前にディーゼル車を検討しました。
ところがプレミアムがついて中古でも新車と変わらない値段がついています。
下手したら新車以上に高い!
あまりにもばかばかしいので購入を止めました。

4.7ℓのプレミアムガソリン仕様ということで燃費とガソリン代が少々懸念されますがそれを上回る静粛性に満足です。
長い間ディーゼル車に乗っていたのでこの静粛性には本当に驚かせられました。
カーステの音量をグッと絞っても普通に聞こえます。
車内での会話も普通の声で十分。
凄いもんです。

初年度登録から10年を経ていますが程度はすごく良いです。
走行距離69000㎞とそれほど走っていません。
何より嬉しいのがヒッチメンバーがすでに装着されていることです。
トレーラーをけん引するのでヒッチは絶対必要。
新たに装着すると工賃を含めて20万円くらいかかります。

とっても助かりました!




Pc310006


リアビューです。

純正フルエアロ仕様です。
前の80のようにあまり無理できません。



Pc310001


さすがランクル。内装も豪華です。

それにしても綺麗な車です。
前のオーナーがとても大切に乗っていたのがわかります。

エンジンスターター、ETC、社外HDDナビも付いていました。
ヘッドライトとフォグもHIDに換装してあります。

それにしても静かさと乗り心地の良さは想像以上でした。



Pc310005


でこれが4.7ℓV8エンジン。

トルクの塊のようなエンジンです。
街中のちょこちょこ走行でリッター5㎞以上は走ってくれました。
あくまで省燃費走行ですが。

長距離燃費はまだわかりませんが7~8㎞は走ってくれるみたいです。
あくまで省燃費走行ですが。

時代に逆行した後ろ指をさされるような車ですがエコカーには全く興味はありません。
やはり重くて燃費の悪い車の方が圧倒的に面白い!
がしかし保険料がバカ高!
車両保険を入れると2倍になりました。
(ランクル100は一時期盗難が頻発して車両保険がすごく高い)

あと自動車税も高い!
ま、数年後1ナンバー登録に変更すれば解消しますけど。
とにかくお金のかかる車ですがしばらく付き合っていこうと思います。

2017年12月31日 (日)

大晦日

早いものでもう2017年も終わろうとしています。

歳を重ねると月日が経つのがとても速く感じますね。
来年はどんな年になるのでしょうか。
年が明けるとまたワカサギツアーが始まります。
また茨戸に春まで缶詰になる日々が続きます。

本年は皆様に本当にお世話になりました。
来年もよろしくお願い申し上げます。
 
2018年は1月5日(金)より営業しております。

2017年11月17日 (金)

友来る。

少しブログに上げるのが遅くなってしまいましたが愛知県から友人Sさんが遊びにきました。

数年前まで単身赴任で千歳にいたのですが転勤で地元に帰ってしまいました。
釣友であり飲み友でもあったSさんですが転勤後初めての千歳入りです。

Img_0018


いつもの焼肉「南大門」で歓迎会をやりました。

久しぶりの再会に話がはずみ酒量も増えてしまいました。
ちなみにこの日は襟裳方面に釣りに行ったそうですが釣果はアメマス1匹。
せっかく北海道に来たのにとても残念です。

今度はもっと良い時期に来てたくさん釣って下さい。

2017年10月30日 (月)

ゴミ拾い

Img_0017

29日日曜日、千歳川のゴミ清掃に参加しました。

毎年春と秋に2回開催されるのですが今回は千歳川上流部、第一烏柵舞橋周辺の清掃を行いました。
一見するとあまり落ちていないのですが、見えない奥にひっそりと捨てられているゴミがけっこありました。
捨てる人も気が咎めるのでしょうか?
指定のゴミ袋を買ってゴミステーションに出すだけのことがなぜできないのでしょうね。
終了後、恒例の豚汁をごちそうになり午前11時頃閉会となりました。


お昼から勢いで支笏湖に釣りに行ったのですが本日の支笏湖は平常運転。
もう少し波風があったら良かったのですが友人と薄暗くなるまで振り倒しましたが駄目でした。
でもとても暖かくグローブも必要ないポカポカ陽気!

とても気持ち良い支笏湖の釣りでした。

2017年10月17日 (火)

苫小牧港ゴミ清掃&支笏湖釣行

15日日曜日、毎年恒例になった苫小牧港ゴミ清掃に行ってきました。
釣り人が中心になって年一回、港内に捨てられているゴミを拾うボランティアです。
日頃お世話になっている釣り場への感謝の気持ちです。

Dscn0687_2
Dscn0688

今回ゴミを拾った場所は漁港区の奥、遊漁船が係留されている場所の広場です。

朝10時現地に集合してゴミ拾いがスタートしました。
ご覧のように天気は上々。
北風が強く吹いていて肌寒い気温でしたが参加者はゴミ袋を手にそれぞれ散っていきました。

そして約1時間後・・・


Dscn0691

こんなに集まりました。

たった1時間ほどでこれだけです。
広い場所なのでまだまだ集めきれなかったところもあります。
想像通り空き缶がとても多い。
捨てているのは釣り人ばかりではないと思いますがそれにしてもやりきれなくなりますね。

お願いですのでゴミは必ず持ち帰って下さい。


Dscn0690

今回集まったメンバーです。
総勢15名。
お疲れさまでした。
終了後、支笏湖に釣りに行きました。
今年の秋シーズン初の支笏湖です。
北風が強かったのでたぶん支笏湖は良い波が立っていることでしょう。

Dscn0698

良い感じで波だっていました。
降口の所に投げのさおが3本立っていたので左奥に進んで場所を決めました。
ここは手前が少し陸地の陰になっているので風が当たらず何とかフライを投げることができますが沖合は白波が立っていて強風です。

でも何か釣れる気配が濃厚でした。
時折巻き込んでくる突風と戦いながら1時間。


Dscn0696

やはり出ました!
53㎝、支笏湖らしいとてもbeautifulなニジマスでした。
レンズに水滴が付いていたことに気が付きませんでした。

幸先の良い秋シーズン釣行初ヒットです。
これからブラウンも釣れてくるので楽しみな支笏湖です。

2017年9月20日 (水)

千歳川のサケ

サケがぜんぜん釣れません。
この時期、主に道北地方に行くのですがまったくダメ。
釣れないっていうかサケが海にいません。
いったいどうなってしまったのでしょう??

千歳川のサケが気になってサーモン橋に行ってみました。



Dscn0613


ヤナの下には数百匹の群れがいました。

見ずらいですが黒っぽいのはみんなサケです。
気付いたのですが今年のサケはみんな大きい!
中には90㎝はあるだろう!っていうビッグサイズも確認できました。

群れの後方にはタマゴ待ちのウグイの大群が控えていました。



Dscn0618


たまたま一匹が水面まで浮いてきたのですかさずシューティング!
少しタイミングが早かったようですが何とか写っていました。

9月19日現在でのインディアン水車捕獲数は20,154匹で昨年実績よりおよそ3,500匹ほど多いようです。
しかし過去5年間と10年間の累計平均でみるとかなり少なくなっています。

太平洋やオホーツク海もはやくサケが回帰してほしいものです。


ちなみにサーモン橋の欄干に偏光フィルムが張ったプラスティック板が取り付けられていました。
観光客用に水中のサケがより見えるように設置されたものです。
そのまま見るよりはるかに見やすいので是非試してみて下さい。

2017年9月18日 (月)

紅葉?

台風18号通過中です。

外は随分と穏やかですが。

Img_1697


里でも紅葉が始まりました。

ってちょっと早くないか?
山では8月の終わりくらいから紅葉が始まっていました。
山といっても大雪山ではないですよ。
標高1000m足らずの樽前山です。

今週、旭岳では初雪が観測されるかもしれません。



Img_1694


ナナカマドの実も赤く色付いています。

本格的な秋の到来です。

2017年9月10日 (日)

夜のお客様

最近になって日が落ちて街灯が点くころ、よくお客様がお見えになります。
お店の看板の明かりに集まってくるもの。

その正体は・・・



Img_1682


こやつであります。

看板の明かりに寄ってくるヒゲナガやカゲロウなどのエサを取っていた時でした。
もちろん池の魚達のエサ用です。
ホウキと塵取りを持って看板の所でかまえていると大きな音を立てて飛んできた昆虫がいました。
最初は何かわからずにビビッていたのですが落ちた虫をよく見るとなんとカブトムシではありませんか。
さっそく店に持ち帰り写真撮影!

最近は北海道でも普通にカブトムシが見られるようになりました。
やはり暖かくなっているのでしょうね。
私の子供の時はクワガタしかいませんでしたから何となく違和感があります。

少し赤っぽいカブトムシですが本物です。
2週間ほど前にも飛んできていました。

北海道のカブトムシは他と比べて少し小さいようです。



Img_1684


顔のアップ。

ちなみに飛んでくるのは今までメスばかりです。
オスはあまり飛ばないのでしょうか?



Img_1687


バックも撮ってあげました。

帰り際に庭の木に置いてきたのですがどうなったでしょうか?
今度はオスが見てみたい!

より以前の記事一覧