フォト
2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

雨雲レーダー

今日の月齢

無料ブログはココログ

« 2022年7月 | トップページ | 2022年9月 »

2022年8月

2022年8月25日 (木)

源流釣行第4弾!

コロナの行動制限がなくなったせいか仕事が忙しくなかなかブログを更新できません。

6月以降はほぼコロナ前に戻った感じです。

少しホッとしています。

 

さて源流釣行第4弾をアップします。

釣行日からだいぶん時間が経ってしまいました。

ごめんなさい。

 

今回は過去に何回か行ったことがある河川です。

ですが入渓地点が未知の領域。

地形図で降りられそうなルートを見つけて高い崖を危険覚悟で降下しました。

 

Dscn2339

 

谷底に降りると川はこんな感じです。

水量も少なくこんなところに魚がいるの?と思われるかもしれません。

いつもの7.2フィート#2/3 6ピースロッドをつないて5Xリーダーに#11フォームビートルを結んで釣り開始です。

 

Dscn2342

 

すぐに釣れたのがこいつ。

ブラウンですね。

倒木脇の浅場から飛び出してきました。

綺麗なヤツです。

 

Dscn2344

 

こんなゆったりとした流れからも

 

Dscn2345

 

ほれ!

小さいですがブラウンです。

水温が低いせいか夏場でも強いファイト!

たまりません。

 

Dscn2347

 

と思ったら今度はニジマスが釣れました。

この辺からニジマスの魚影が濃くなりました。

 

Dscn2350

 

川の流れも次第に急流が多くなり源流の様相を呈してきました。

しかしいつも思うのですがフォームビートルってほんと楽ですね。

カディスとかですと1匹釣るとすぐ沈むためにフロータントのお世話になりますが、フォーム材は沈みません。

たまにジェルを塗ってやるだけでOK。

しかも耐久性抜群!

これからは夏場のフライがこれで決定です。

 

Dscn2352

Dscn2354

 

こんなニジマスがポコポコ釣れます。

中には盛大なジャンプを連発する猛者も。

実に楽しい!

と思っていると・・・

 

Dscn2356

 

こんなグッドサイズのブラウン君もヒット!

20mほど下流に走られましたが何とかネットイン。

こんなヤツもいたんですね。

 

Dscn2358

 

こいつはオスニジかな?

なかなかカッコ良いですね。

こんなヤツがばんばん釣れるなんてなんて幸せなんでしょう!

 

Dscn2362

Dscn2363

 

こいつも良型!

狭い渓を縦横無尽に走り回りました。

それにしてもフォームビートル爆発です。

メガトン級の威力をみせてくれました。

 

Dscn2372

Dscn2374

 

かなり上流に登ってきました。

ここにきてようやくこの川独特の黒いニジマスが釣れてきました。

なんかすごいでしょ!

こんなに黒いニジマスはここ以外で見たことありません。

これもまた貴重というべきでしょうか。

 

とここで納竿。

大滝を巻いて上部に出て唯一の退渓地点に向かいます。

 

と、ここで大事故発生!

 

岩の上を歩きながら遡行していたのですが次の一歩を置く場所に大失敗。

フキの葉っぱに隠れてあると思っていた岩がない。

その結果足を踏み外して50㎝ほどの高さから頭から地面に落下しました。

確認できない所に足を置くなんて普段なら絶対しないことです。

普通しないことをやってしまう。

これが事故の原因になるということを痛感しました。

地面に落ちるときに側頭部を強打。

やばいところでしたがなんと今日はヘルメットをかぶっていたため無事でした。

そのかわり犠牲になったのは

 

Dscn2375

Dscn2376

 

大切なさおのバット部がポキリ。

しばし呆然。

僕の身代わりになってくれました。

ここは携帯電波も届かない人が全く来ない深い谷底。

怪我して動けなくなったら一巻の終わりです。

みなさん、源流釣りの時はヘルメットをかぶりましょう!

 

 

 

 

 

 

2022年8月 7日 (日)

源流釣行第3弾!

日高源流釣行に行ってきました。

昨年、オショロコマが入れ食いになった渓です。

今回は千歳市内に住むのお客さんとの釣行です。

 

Dscn2309

 

今年は雨が多く渇水だった昨年と比べて水量が多いです。

ざっと昨年の1.5倍くらいはありそうです。

早瀬の渡渉が流されそうで怖いくらいでした。

いつもの7.2フィート#2/3をつないでいざ入渓。

 

Dscn2297

 

すぐにこんな良型オショロコマが釣れました。

水量が多く魚が散っているせいか昨年ほど入れ食いではありませんがポンポン飛び出してきました。

フライは#11フォームビートルパラシュート。

なんでも釣れると思いますがフロータントいらずのフォームビートルが一番楽です。

 

Dscn2302 

Dscn2308

 

こんなやつがポイントから必ず飛び出してきます。

上流に上がれば上がるほど型は小さくなりますが入れ食いに。

よほど魚影が濃そうです。

 

Dscn2305

Dscn2306

 

一緒に行ったお客さんも大喜び!

時間を忘れて一日中オショロコマと遊びました。

 

追記

アブが物凄いです!

10匹20匹なんて単位ではありません。

数百匹単位で襲い掛かってきます。

昔、キラービーなんていう映画がありましたがまさにそれ。

虫よけスプレーや蚊取り線香もまったく効かず。

素肌はを出すのは厳禁です。

モスキートネットをかぶれば良かったと後悔しています。

« 2022年7月 | トップページ | 2022年9月 »