フォト
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

雨雲レーダー

今日の月齢

無料ブログはココログ

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年6月

2021年6月16日 (水)

樽前山登山ガイド

お客様をガイドして樽前山に登ってきました。

コロナ禍によって釣り、登山ともガイドの予約が激減していますのでありがたい限りです。

昨日は雷を伴う大雨でしたが一転して今日は青空がのぞく良い天気になりました。

緊急事態宣言がまだ解除されていないのですが7合目ヒュッテは登山客でほぼ満車でした。

 

P6160006

 

トラバースルート上から支笏湖が俯瞰できました。

風も弱く絶好の登山日和です。

 

P6160007

 

こちらは苫小牧方面です。

街並みはまだ見えませんが時間の問題だと思います。

イソツツジが咲き乱れてとても綺麗です。

 

P6160011 

P6160012

 

トラバースルートと外輪山一周ルートの合流分岐です。

昨日の大雨の影響で噴煙がすごい!

西山もくっきり見えました。

今回は時計回りで外輪山を一周します。

 

P6160016

P6160019

 

樽前山神社奥宮からみた溶岩ドーム。

いつ見てもかっこいいです!

 

P6160020

 

西山山頂に着く急に視界が悪くなりガスの中に入ってしまいました。

ときおりガスが飛んで大きな溶岩ドームが見えるのですがまたすぐに視界不良に・・・

山の天気は本当に変わりやすいです。

 

P6160028

 

溶岩ドームから崩れ落ちた大岩が荒々しく転がっています。

自然ってほんとうに凄いです!

 

P6160031

 

東山山頂に着いてもまだガスの中です。

天気予報ではお昼から晴れるはずなんですが。

大パノラマを見ることはできませんでしたがお客様は大満足です。

このあと登ってきたトラバースルートをヒュッテまで下山しました。

 

P6160001

 

黄色い花を咲かせるウコンウツギ

 

P6160003

 

白いイソツツジ

 

P6160015

 

ピンクのコマクサ。

そうそう神社までの登山道脇に咲くコマクサは環境省によって駆除されていました。

しかし稜線下には駆除しきれないコマクサがたくさん残っています。

もう駆除なんかやめた方が良いと思います。

 

P6160022

 

可憐な花を咲かせるイワヒゲ。

6月の樽前山は高山植物の宝庫です。

2021年6月11日 (金)

ひとりBBQ

Dsc_0015

 

 

5月とは打って変わって夏のような暖かい日が続いています。

こんなときはやはり!

ということで急きょひとりBBQをすることにしました。

少し早めに店を閉めてスーパーに食材を買い出し。

会場は自宅玄関前です。

家族の冷たい視線を感じながら炭を起こして一人でのんびり。

冷えたビールがまことにうまい!

日が暮れるとさすがに気温が下がるのでいつものBBQ専用ドカジャンが重宝します。

夜9時過ぎまで厳かに酒宴は続きました。

 

2021年6月 9日 (水)

千歳川のやまめ

Dsc_0018_20210609183401 

Dsc_0020_20210609183501

 

今年も6月1日にやまめ釣りが解禁になりました。

最近千歳川ではやまめが激減しています。

新子やまめの乱獲やサクラマスの遡上数が減っていることが原因だと思います。

とてもさみしいですね。

新子釣りを止めるだけでもだいぶ違うと思うのですが・・・

それでも20㎝ほどですがポツポツと釣れて楽しませてくれました。

昔はこんなやつがたくさん釣れたのですが。

何とかしないといけませんね。

2021年6月 5日 (土)

シルバーブラウン

Kimg0387

 

 

お客さんが千歳川で釣ったブラウンです。

千歳川を語らせたら右に出る者はいないといわれるほどの変態アングラーさんです。

最近の千歳川ではその名の通り茶系ブラウンが圧倒的に多いのですがこいつは珍しくシルバー系。

私はシルバー系の方が見栄えが良くて断然好きです。

ちなみに昔はシルバー系ブラウンがほとんどでした。

いったい何故なんでしょうね?

釣ったのはドライフライ。しかもティペットはいつもの5Xです。

千歳川で釣りをしたことがある人はわかると思いますが流れが速く重いので50㎝オーバーをかけると大変です。

河原がないので魚を追いかけて一緒に下ることもままなりません。

5Xだと切られることが多いのですが変態アングラーさんはいつもランディングします。

さすがです。

いつも千歳川でぎりぎりまで立ち込んでロングリーダー・ロングティペットでさおを振っていますので見掛けたら声をかけてみて下さい。

2021年6月 3日 (木)

ヒゲナガ初日

Img_0223

Img_0222

 

 

6月2日、やっとヒゲナガ初日を観測しました。

初日を観測といってもただ店の看板に初めて飛来した日です。

公式にどうこうしたものではありません。

暗くなると毎日、店内の池にいるブラウン君用のエサを確保するため看板の明かりに寄ってきた水生昆虫を採取しています。

夜な夜なハエタタキとチリトリを持ってうろうろしていますので近所からは怪しい奴と思われています。(笑)

ヒゲナガは正式にはヒゲナガカワトビケラと呼ばれる水生昆虫です。

幼虫はクロカワムシともいわれ釣りえさとして使われているので知っている方も多いでしょう。

今年は5月が寒かったせいかハッチがとても遅れましたがやっと初日を迎えました。

まだ出始めですので数は少ないですがこれから一気に増えると思います。

いよいよ千歳川も夕マズメが楽しくなりそうです。

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »