フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

雨雲レーダー

今日の月齢

無料ブログはココログ

« 春の徳舜瞥岳に登った。 | トップページ | 積雪期に登りたかった空沼岳 »

2019年4月 6日 (土)

2度目のチセヌプリ

徳舜瞥岳に続いて今度はニセコ連山のチセヌプリに登ってきました。

チセヌプリは数年前に相棒と2人で登ったのですが猛烈な吹雪に見舞われて山頂標識がわからずすぐに下山した山です。
今回は某自動車会社の店長を誘って登ってきました。

ちなみにチセ・ヌプリとはチセ(アイヌの伝統家屋)の形をしたヌプリ(山)という意味だそうです。



P4020001


登山口になる旧チセヌプリスキー場の駐車場です。

天気図を確認するとこの日は低気圧が接近しており天気は下り坂。
午後から崩れ出して夕方には吹雪になると予想しました。
本当はシャクナゲ岳とチセヌプリをぐるっと周回して戻ってくる計画だったのですが、天候悪化もあって
相談した結果、今回はチセヌプリに的を絞ることになりました。

すでに停まっていた車は1台。
ちらほらと雪が降っていて5㎝ほどの新しい雪が積もっていました。



P4020003_2



今は営業していませんがチセヌプリスキー場のセンターハウスが見えます。

その脇を通ってスキーコースを登っていきますが、少し雪をかぶったトレースが数本ありました。
7時40分駐車場を出発しました。


P4020004
P4020006



こんな感じのところをスキーで上がっていきます。

もう4月ですのでパウダーというわけにはいきませんがそれでも気温が低いので気持ち良い
シール登行ができました。
失敗だったのはスキー表面に着雪防止処理をしてこなかったこと。
雪が大量に張り付いてスキーが重い!



P4020008

P4020013

だんだん標高が上がってきました。

ここはほぼスキー場のコースを登り切った地点です。
降っていた雪も止んで時折青空がのぞくようになりました。

谷を登ってきたので頭上の大きな雪庇と雪崩のデブリが気になりましたが無事通過。
このあたりからコンパスを合わせてチセヌプリへと進路を変えました。



P4020015



遠くにスキー場のリフト降り場が見えています。



P4020019


チセヌプリまではこんな林の緩斜面を進んでいきます。

灌木がないのでスキー滑降が楽しそうな斜面が続きます。



P4020020



チセヌプリの壁に取り付いた時、雲で覆われていた山頂方向が見え出しました。

俄然元気が出てきました。
そのまま急斜面にスキーを履いたままジグを切って突入。
風もなく快適な登山です。




P4020023



標高990mで新雪の下が固いクラストになってしまいました。

ジグを切ってもスキーが横滑りしてしまい登ることが困難になりました。
クトーを装着すればまだまだ行けるのですがこの日は持ってきていません。
無駄に体力を消耗するのも嫌ですのでここでアイゼンに履き替えることにしました。

さぁて、スキーをどうしたものか。
シートラで山頂まで担ぎ上げるかここにデボするか悩みました。
僕としては山頂までシートラしたかったのですが・・・
一応店長に聞いてみたところ、即答でデポに決定しました。⤵



P4020026



斜度はだいたいこのくらいです。

後ろに山が見えているのがわかりますか。
シャクナゲ岳です。

こんなに天気が良いならシャクナゲ岳に行けそうな気がしますが・・・



P4020030



先日登った徳舜瞥とは違いアイゼンの爪がしっかりと効いて快適な歩行です。

これだけ効いていると急斜面でも全く怖くありません。



P4020029



見上げるといよいよ山頂直下です。
きっと良い展望が待っていることでしょう!



P4020033

P4020032



10時40分、チセヌプリ山頂です。
標高は1,135m。

立派な山頂標識が立っていました。
前回登った時は猛烈な吹雪のためこの標識がどこにあるのか全く見えませんでした。
こんなに大きなものが立っていたんですね。



P4020037



地図である程度はわかっていたのですが意外と広い山頂です。

標識がないとちょっとわかりづらいかもしれません。
積雪期では久しぶりの天国のような気持ち良い山頂です。
ですが気温は低いです。
この時は-9℃でした。

反対側(岩内側)の眼下には青々とした日本海が広がっていました。
泊原発も見えました。


P4020040



店長得意のポーズ。

登りでは死にそうな顔をしていましたが山頂に着くと嘘のように復活!
履いていた兼用靴のサイズが小さく軽い靴擦れをおこしていたようです。



P4020043



少し雲が掛かっていますが手前からニトヌプリ、左側奥がイワオヌプリ、右の一番高い山がアンヌプリです。

ニセコの積雪期でこれほど展望が望めるのはあまりないことです。
とってもラッキーでした。



P4020045



山頂から少し降りたところから撮影したシャクナゲ岳です。

スキーには最高の斜面ですね。
近々登ってこようかななんて思っています。



P4020047



アイゼンを効かせながら軽快に下ってスキーデポ地点まで降りてきました。

途中でバックカントリースキーを楽しむカップルとすれ違いました。

お待たせしました。
昼食は定番のラーメンです。(魚肉ソーセージ入り)
やはりこの袋ラーメンが一番うまい!

まだ時間もあるのでゆっくりと食事を楽しみました。



P4020048

P4020049



昼食後、身支度を整えていよいよ滑降開始。

クラスト斜面が少し怖いですが気合を入れて華麗にスタート!
ところが思った以上に雪が重くすぐに腿がパンパン。
おかげで滑りはヨレヨレになりみっともない滑りになってしまいました。

歳はとりたくないものですね。



P4020050



スキー場とのコルまで降りて振り返るとチセヌプリのスカイラインがくっきりと浮き出ていました。

やはり山は天気が良い方が断然楽しいですね!
地獄はもう懲り懲りです。

スキー場コースへと復帰して一気にふもとまで滑り降りました。



P4020054



もう腿とフクラハギが限界と思った頃、センターハウスまで無事降りてきました。

途中の林間ではバランスを崩して危うく木と衝突しそうになりました。
やはり滑降時はヘルメット必須かもしれません。

天候にも恵まれた今回の山はとても楽しい山行となりました。
1人も良いけど2人でワイワイ言いながら登る山も楽しいですね。

このあと里に下りて温泉につかって帰ってきました。

この頃山は厚い雪雲に覆われていました。
温泉から上がり車を走らせると突然前も見えない猛吹雪に。

やはりシャクナゲ岳まで行かなくて正解だったかもしれません。


行動距離 7.5㎞
行動時間(休憩含む) 4時間34分 


Photo_1

« 春の徳舜瞥岳に登った。 | トップページ | 積雪期に登りたかった空沼岳 »

登山」カテゴリの記事

コメント

即答で「デポ」と答えた店長の様子を想像して笑ってしまいました。
夏の美瑛岳での雷雨、冬の十勝岳敗退、店長との行動は多くないけど、何故か濃い思い出ばかりです。

相変わらずの店長です。
運動不足でまた少し太ったようですが芦別岳本谷を登れるように特訓中です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春の徳舜瞥岳に登った。 | トップページ | 積雪期に登りたかった空沼岳 »