フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

雨雲レーダー

今日の月齢

無料ブログはココログ

« 2度目のチセヌプリ | トップページ | 久しぶりの支笏湖 »

2019年4月13日 (土)

積雪期に登りたかった空沼岳

ここのところ、毎週のように山に登っています。
昨年膝の調子が悪くほとんど登っていなかったのでその反動でしょうか。
山登りが楽しくてしょうがありません。

特に積雪期は景色がとてもきれいです。
雪のあるうちにできるだけ登ろうと思っています。


ということで今週は空沼岳に登ってきました。

札幌近郊の山で恵庭岳の隣にあります。
が火山である恵庭岳とは違い大規模な地滑りによってできた特異な形の山です。
頂上台地両側は鋭く切れ落ちた痩せ尾根となっていて積雪期には風下になる東側に巨大な雪庇が
できるのでとても危険な稜線となります。
また崩れ落ちた大量の土砂が堆積して複雑な地形を形成しているため視界不良時には道を見失なう
というリスクが高まる危険な山に変身します。

今回は夏道がある一般的な万計山荘コースではなく訪れる登山者も少ないマニアックな金山林道
コースから空沼岳に迫りたいと思います。


P4090079


国道453号線、通称札幌支笏湖線沿いに金山林道入り口があります。

ゲート前後は除雪されていて車を停めるスペースは十分にありました。
実はスタート時にゲートの写真を撮り忘れてましたのでこの画像は帰着時に撮ったものです。

ここで登山の準備を整えて6時10分空沼岳に向けて出発しました。


P4090001



ゲートを越えてすぐにまたゲートが現れました。

じつはここは鉱山会社が借地している所で関係者以外の立ち入りは禁止されています。
本来であれば入ってはいけない場所ではありますが少しだけ目をつむっていただきます。
というかどの範囲が立ち入り禁止なのかまったくわかりませんし、今シーズンは管理の人が来た形跡は
ありませんでした。

別に不審者ではありませんし速やかに通過しますので許して下さい。


P4090003



しばらくは右岸沿いの雪に埋まった林道を進みます。

のはずですがすぐに異変に気が付きました。
なぜか目的地と林道の進む方向が違うのです。
地図を確認すると金山林道は1本しかありません。
仕方なくGPSを見るとやはり予定ルートより大きくコースがずれています。
何が何だか理解できませんが予定コースに復帰すべく修正をすると本ルートに出る
ことができました。
なんてことはない、地図にはないもう一本の林道が存在していたのです。
しかも金山林道より立派でカーブミラーもある目立つ支線が。
幸いにもすぐに気が付いたのでほとんどロスはありませんでした。
気が付かなければ全く違う沢に入り込むところでした。

少し積もった新雪の下が固かったので快適なスキー歩行ができました。
ここで左岸にスノーブリッジを使って沢を渡ります。
雪が多かったのでいたるところにスノーブリッジがあり安全に超えることができました。


P4090004

P4090007



こんな所を稜線目指してひたすら歩いていきます。

林道は約4㎞ほどなので1時間くらいで消化できる予定です。
天気も良く鼻歌まじりで歩いていると遠くで底雪崩のごう音が響いてきました。
春山ではよく聞く音ですが嫌なもんです。
この季節に底雪崩に巻き込まれると体がバラバラにされてしまいます。


P4090008



わかりづらいですが林道から目指す稜線が見えてきました。

まだまだ遠いですがやはり稜線が見えると俄然元気が出てきます。
気温も-2℃と比較的高く軽く汗ばむような陽気です。

P4090010



7時40分、3.5㎞の林道を歩き通して漁川林道との交点まで登ってきました。

看板には光竜鉱山線と表記がありますが金山林道との関係がよくわかりません。
延長距離も違っています。
いったいなんでしょうかね。


P4090014



ここでザックを降ろして小休止。

山専ボトルに入れてきた熱いお茶がとても美味しい。
この頃になって右足の付け根が少し痛むようになってきました。

林道はここで終わり、ここから先は樹林帯のバリエーションルートに突入します。
コンパスの針を空沼岳に合わせて出発しました。


P4090015

P4090019



見ての通りけっこうな樹林帯です。

登りは良いですがスキーでの下りはちょっと厳しい感じです。
調子に乗るって滑ると木に衝突ですね。

吹雪いている時はデポ旗かピンクテープの目印が必要です。


P4090021

P4090022_2



C900ほどで一段目の急登です。

画像ではわかりづらいですが結構な斜面です。
もちろん直登はできませんのでジグを切って登っていきます。

空模様が何やら怪しくなってきました。
稜線付近からゴーという風の音も聞こえています。

もう吹雪は勘弁です。


P4090024



と思っていたら予想通りあっという間にこうなってしまいました。

でもまだ視界があるのでマシとしましょう。
空沼岳へと続く断崖絶壁の稜線が迫力満点です。


P4090025



やっと空沼に着きました。

これは空沼(からぬま)と呼びます。
同じ字を書いてそらぬまとからぬま、なんか面白いですね。
空沼といってもちゃんとした水のある沼です。
もちろんこの時期は凍結しておりますが。

ここから空沼岳コルの稜線を目指して大斜面をトラバースするように高度を上げていきます。
幸いこの頃には雪も止みまた青空が広がってきました。

急斜面はジグを切って登るのですがなかなかきつい登りでした。


P4090029



途中から山頂を捉えました。

よく見えないと思いますが東側に巨大な雪庇ができています。
急斜面のトラバースで足が攣りそうになりながらもコルを目指しました。


P4090034



すごい稜線です。

あんなに大きな雪庇が崩れたら一巻の終わりですね。


P4090043




コル付近からみた山頂台地です。

かなりの傾斜ですが雪の付いた白い部分を登ります。


P4090057



振り向くと支笏湖が見えました。中央の恵庭岳がカッコいい!

ここから最後の急登に挑みます。
がしかし、少し登った痩せ尾根の途中でスキー登行を諦めざるを得ませんでした。
右に大きな雪庇があるのでジグを切ることができません。
シートラも考えましたがこの痩せ尾根を雪庇を避けて滑り降りる自信がありませんので
デポすることにしました。

ツボでは足首くらいまで埋まりますがそれほどの距離ではありません。
クラストもないのでアイゼンは付けずにキックステップで着実に登っていきました。


P4090059



10時36分、念願の空沼岳(1251m)山頂です。

急登を登り切ってすぐに山頂だと思っていたのですがまだずっと先でした。
平坦な稜線を歩くのですがハイマツを踏み抜いて何回も転倒。
山頂手前の痩せ尾根は雪庇があるので下手に尾根筋は歩けません。
思わぬところで体力を消耗してしまいました。

少し寒いくらいで風もなく平穏な山頂でした。
持ってきた三脚を設置してセルフ画像を撮ることができました。


P4090060



山頂から切れ落ちた東斜面です。

落ちたら下まで止まる事はないしょう。


P4090064

P4090068



1枚目の画像右側にある白っぽい物は札幌ドームです。

2枚目は藻岩山スキー場が見えています。


P4090070




札幌岳です。

空沼岳から縦走することもできます。


P4090056_1



漁岳です。

これも稜線を歩いて縦走することができます。
漁岳の山体はとても
大きいですね。


P4090066_1



山頂手前の痩せ尾根です。

大きな雪庇ができています。
岩の出ているところが尾根筋です。
知らずに岩より少しでも左にいくと踏み抜いて落ちます。


P4090072



万計山荘の赤い屋根が見えました。


P4090074




手前から空沼、左にイチャンコッペ山や紋別岳、右に恵庭岳、風不死岳、樽前山もちょっと見えています。

こんな景色を見ていると下山したくなくなりますね。
しばらく山頂でたたずんでいると年配の男性がカンジキをはいて単独で登ってきました。
万計山荘から上がってきたそうです。
年季の入ったジャケットが経験を物語っていました。

ここで昼食と思ったのですが少し寒いので空沼辺りまで降りて食べることにします。


P4090076



毎度代わり映えのしないラーメンです。

実は今回奮発してゆで卵も入れようと思いセブンに寄ったのですがなんと売り切れ。
続いてセコマにも寄ったのですがここにもなし。
いったいどういうこっちゃ!

ブチ切れました。

空沼までの滑降は最高ですが登り返したくないので今回はパス。
所々に広がる疎林帯でターンを楽しみながら降りていきました。

樹林帯はやはり怖いので大ボーゲン大会。
注意しながら木のない林道まで降りました。


P4090078



林道をぶっ飛ばすとあっというまにゲートに到着。

朝よりさらに雪が溶けていました。


P4090077



オマケ!

上の画像を撮ったところで発見しました。
林道のど真ん中、まるで縄張りを誇示するかのような奴の糞。

登りは雪に埋まっていてわかりませんでしたが溶けて出てきたのでしょう。
冬眠から覚めて活動期なったんですね。
気を付けましょう。

総行動距離 16.4㎞
総行動時間 6時間48分


Photo_2


« 2度目のチセヌプリ | トップページ | 久しぶりの支笏湖 »

登山」カテゴリの記事

コメント

遥か昔、
夏に登った事があります。
夏だったので
ダラダラと傾斜きつくて、ブヨに刺されて
きつかった。

よく、頂上まで登りましたね😃
本当すげーや
年を感じさせない体力ありますね


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2度目のチセヌプリ | トップページ | 久しぶりの支笏湖 »