フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

雨雲レーダー

今日の月齢

無料ブログはココログ

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月30日 (土)

6月のフィッシングガイド

6月に釣りのご案内をしたお客様です。

いつものように一部ですがご紹介します。


Dscn0830



兵庫県からきたお客様です。

けっこうなお歳でハードな釣りはもう無理とのことでしたので支笏湖でも安全な場所でアメマス釣りにご案内しました。

ご覧のように湖面は鏡でしたが少し沖にはアメマスの群れがライズをしながら移動しています。
群れを追いかけながら股下まで立ち込みドライフライをキャストすると20~30㎝のアメマスが釣れました。


Dscn0835


こんなサイズがビシバシ釣れるのでお客様は大喜び!
久しぶりに釣りを堪能したようでした。




Dscn0890



秋田県からきたお客様です。

仕事の出張で札幌に来て帰りの飛行機までの空き時間を利用したお申込みでした。
3時間のフィッシング体験コースだったのですがエサ釣りで大爆釣!

1時間30分ほどで満足して釣りを切り上げ、新千歳空港までお送りしました。




Dscn0897



こんなサイズが入れ食い!

やはり釣りは釣れると面白いですね。




Dscn0920




たまにお店にくる札幌のお客様です。

ダブルハンドやスイッチロッドでのシューティングスペイキャストに悩んでいたのでガイド兼キャスト練習を支笏湖でやりました。

少し風が強かったのですが何とか練習になりました。
釣りも少しやろうと思ったのですが結局キャスト練習で終わってしまいました。

早く上達してモンスタートラウトを手中にして下さい。




Dscn0925




兵庫県からやってきたお客様です。

昨年初めてご案内したのですが今年もまたやってきました。
2日間の予定で釣り三昧です。

お昼にホテルにお迎えに行きそのまま目的の川へ直行。

どんよりとした曇り空でしたが入渓直後にライズを発見。
上流から静かにドライフライを流し込むと・・・




Dscn0921



25㎝ほどのヤマメが飛び出してきました。

パーマークが鮮やかでとてもきれいなヤマメでした。
ニジマスが釣れるはずだったのですがなぜかみんなヤマメ。
魚が入れ替わってしまったような感じでした。

夕マズメ前に一旦川から上がり車で下流のポイントに移動しました。

フラットな水面を見ながらライズ待ちをしたのですが何も起こりません。
魚がいるかどうかもわかりません。
試しにお客様がフライを投げてみたところ、魚らしき水面のゆらぎがあったようですが以降は何もなし。
お客様が場所を移ったので何気なくマドラミノーを投げてラインをゆっくり引いたとたん・・・




Dscn0934



なんと50㎝のブラウンが釣れてしまいました。


もっと下流域にブラウンがいることは知っていましたがここで釣れるとは思っていなかったのでビックリ!
しかもティペットは5Xだったのでとてもスリリングなファイトを楽しめました。

てかガイドが釣っちゃだめでしょ。




Dscn0938




次の日は違う川に行く予定だったのですが大雨。

仕方なく雨があがった午後、千歳川に入りました。
がこれが大正解!

雨後のせいか魚の活性が高く20~25㎝ヤマメが2桁釣果!
もうガイドもビックリです。

おまけに対岸のボサ際から40㎝オーバーのブラウンも飛び出してきて大騒ぎ。
よりによってお客様の握っているさおは#3。ティペットも5X。
流れに入ったブラウンをなかなか寄せることができずに激戦となってしまいました。

時間をかけてゆっくりと引き寄せてやっとネットでキャッチに成功!
しかし僕が写真を撮ろうとしたときに暴れて逃げてしまいました。

でもお客様は写真を撮ることができたので安心です。

予想外の爆釣となり大満足でお帰りになりました。

2018年6月24日 (日)

テレビロケ

先日、日本テレビで放送されている「所さんの目がテン」という番組のロケに行ってきました。

別に見に行ったわけではありませんよ。
テントを張ってキャンプをするというロケが美笛キャンプ場でありました。
もちろんそれだけでは僕の出番はありません。

じつはキャンプ生活の中で釣りをして釣った魚を食べるという企画があったのです。
そのために番組のディレクターから連絡があり釣りのガイドを頼まれたという訳です。

当日午2時に美笛キャンプ場で待ち合わせをしたのですがすでにスタッフは湖畔でいろいろなシーンの撮影をしていました。


Dscn0886


撮影現場です。

この日はとても寒くてどんよりとした曇り空。
気温はなんと9℃しかありませんでした。

集合の1時間前に現場入りして釣り場の確認作業などをしていたのですが水温が低くウェーダーをはいていてもすぐに震えがくるほどの寒さ。
おまけに手がかじかんでまともにラインを結ぶこともできません。

肝心の魚を探したのですがこんな真昼間、アメマスが岸近くにいるはずもありません。

でも撮影ですのであきらめる訳にもいかずルアーロッドに大きめのウキとガン玉を付けて遠くを探ってみることにしました。

20mほど投げるとウキが沈んで20㎝くらいのアメマスが釣れました。
周りを良くみると小さいながらライズもポチポチ出てきました。

これはチャンスとすぐにスタッフを呼んで撮影開始。

釣りをするのは後藤晴菜さんという女子アナでした。

2人でウェーダーをはいて湖に立ち、カメラは少し離れた湖岸から撮っていました。

僕たちはマイクを付けていましたので後藤アナとたわいもない話をしながらしながら釣りをするというスタイルでの撮影でした。
ところがいざ本番になると釣れない。
たまに釣れるのはウグイ。
ウグイじゃ食べられないのでアメマスを釣りたいのですがこんなに苦労するとは・・・

1時間もロケが続いて後藤アナも寒くてブルブルです。
放送されるときはきっとほんの少しなんでしょうね。
でもなんとか食べられるサイズのアメマス3本をキープすることができました。



Dscn0888


最後に後藤アナと記念撮影をスタッフに撮ってもらいました。

上半身アップで撮ったやばーい写真もありますがまるで美女と野獣のように写っているので公開しません。
僕だけの大切な宝物にしたいと思います。

すご~いかわいい女性でしたよ。
釣りのセンスもあるかもしれません。


放送は7月29日(予定)ということでしたので楽しみです。

2018年6月12日 (火)

滝の上自然公園

2週間ほど前になりますが夕張地方に釣りに出掛けた帰り道、滝の上自然公園に寄ってみました。

「滝の上」って道北地方のではありませんよ。

千歳から国道274号線を東進、つまり夕張方向に行くと紅葉山の手前に夕張市滝の上という小さな集落があります。
JR石勝線で「滝ノ上」という駅があります。
ここに自然公園があるのは昔から知っていましたが寄ったことは一度もありませんでした。

数えきれないほど通過しているのですがいつも素通り。
きっと大したことないと思っていたのでしょうね。
今回初めて思い立ち急きょ立ち寄ってみることにしました。

Dscn0818



駐車場脇に立っている案内看板を見て吊り橋が2つあることを知りました。

遊歩道を歩いてもたいした距離ではないため一周してみることにしました。
この日は天気が良く木漏れ日がとても気持ち良い夕方でした。

Dscn0791



遊歩道を歩くとすぐに1つ目の吊り橋が現れました。

「千鳥橋」という名前が付いていました。
何気なく足を進めて吊り橋を渡るともうビックリ!




Dscn0792



いきなり眼下にこんな景色が広がっていたのです。

あまりの絶景に圧倒されまくりでした。
気の遠くなるような年月をかけて夕張川の浸食によってできた渓谷美!
ほんとに驚きました。

現在では竜泉峡といわれるこの渓谷はアイヌ語で「ポンソウカムイコタン(北方の神々が住むところ)」と呼ばれていたそうです。

奥に見える滝は「千鳥ヶ滝」というそうですが増水時はさぞかし大迫力なのでしょうね。
見てみたいものです。



Dscn0793



発電所があるのできっと放水口でしょう。

秋の紅葉時期なんてきっと最高でしょうね。
今年は絶対秋に行ってみます。



Dscn0794



千鳥ヶ滝のアップ。

ここはダムの減水区間なので水量は少ないですが増水して川幅全体に水が流れたらきっと壮観でしょうね。

見てみたい!




Dscn0798



崖の岩場の上にはこんな穴が・・・

いったい何のトンネルでしょうか?
廃道・廃トンネルマニアの僕としてはとても気になります。

昔の人間用隧道かそれとも発電用導水路か。
出口で路盤が崩落しています。もしかしたら崩壊によって地上に出現したのかも・・・

想像が膨らみます。




Dscn0801



ひとしきり絶景を楽しんで吊り橋を渡ると森の中の遊歩道が続いています。

遊歩道はきちんと舗装されておりきれいに整備されていました。




Dscn0803



少し歩くと2つ目の橋がありました。

最初の千鳥橋より下流に位置しています。
「滝の吊り橋」と書いてありました。




Dscn0804



上流方向です。

奥に千鳥橋が少し見えています。
放水口から下流なので夕張川の水量が多くなっています。




Dscn0805



これは下流方向。

まだまだ深い谷が続いています。
自然の力ってほんとうに凄いもんです。

ちなみにこの辺りに魚はいるのか?という疑問が湧き起こりませんか。
釣り人の性なのでしかたありませんね。

答えは・・・
皆さんのご想像におまかせすることにします。




Dscn0813



夕日を浴びるツツジがとても綺麗でした。

サクラの木もたくさんあったので春もきっと綺麗でしょうね。




Dscn0816



駐車場の横にこんなレンガ作りの建物が!

めっちゃ萌えます!
入り口上部に見える扁額が見たい!




Dscn0817



「瀧 ・ 之 ・ 上 ・ 發 ・ 電 ・ 所」!!!!!!!!!

旧字体!!!!!!!!

もう鼻血がでる寸前です。
これはもう明治か大正時代に建てられたものに違いありません!
でも明治なら右書きの可能性が高いので大正時代か?

設計者の気高き意匠を感じざるを得ないラウンドした窓にもう萌えまくり。
昔の建築物ってやはり凄いです。




Dscn0820



閉ざされたゲートに近づくと案内板がありました。

大正14年1月に完成したようです。
発電所の建屋をそのまま使い、現在も中で発電機が回っているそうです。

調べると毎年10月中旬に催される紅葉まつりの時に中が一般公開されるそうなので紅葉狩りを兼ねて行ってみようと思います。

それにしてもいつもの通り道にこんな絶景があったなんて。
まだまだ知らないところがたくさんありそうです。

ちなみにこの日の釣果はというと
アメマスの良型がけっこう釣れました。

2018年6月 8日 (金)

風不死岳から楓沢へ

某自動車販売会社の友人と支笏湖風不死岳に登ってきました。

最初は本谷コースから芦別岳に登ろうと思っていたのですが友人の体調が悪く断念。
天気が良かったので北尾根ルートから風不死岳に登り樽前側に下山して楓沢を下って戻ることにしました。


Dsc_1647

風不死岳北尾根ルート登山口です。

2~3日前の天気予報では雨の予報だったのですが急に変わって晴れに!
最高の登山日和になりました。
他に2台登山者の車が止まっていました。

入林届に記入して出発です。


Dsc_1650


しばらくは廃道になった林道を歩いて進みます。

エゾハルゼミがうるさいほどに鳴いていました。


Dsc_1651


ほどなくして登山道は尾根上にルートを変えます。

ここからは急登が続く尾根道になります。
雪はもう残っていませんでした。


Dsc_1653

少し高度を上げると紋別岳が見えてきました。

それにしても暑い!
樹林帯の中なので風が通らず顔から汗が流れ落ちてきました。


Dsc_1658
Dsc_1656_2

ヤマツツジが満開です。

写真は撮りませんでしたが遅咲きのヤマザクラもまだ咲いていました。
鮮やかなピンクが急登の疲れを癒してくれますね。



Dsc_1660

シラネアオイも満開です。

直射日光が当たってしまい花の色が白っぽく写ってしまいました。
きちんと確認すれば良かった。
完全に失敗です。

本当はもっと青い色をしています。


Dsc_1661

8合目付近から見た支笏湖です。

まさしく支笏湖ブルーですね。
とても綺麗です。

そういえばこの冬にこのルートを単独で登った登山者が遭難して騒ぎになったようですね。
僕は知らなかったのですが友人に聞きました。
捜索隊が出て探したのですがまだ見つかっていないそうです。

おそらくここから上のロープ場が続く急斜面で滑落して横の大沢に滑落したのではないでしょうか。
垂直に近い斜度ですのでかなり下まで落ちたに違いありません。
そろそろ雪が溶けて出てくる頃じゃないでしょうか。


Dsc_1676

両手両足を使って這うように登り詰めた風不死岳山頂です。

登山者は誰もおらず独占でした。
風もなく360度パノラマの最高な山頂でした。


Dsc_1665

北方向の展望です。

恵庭岳もクッキリ!


Dsc_1671

恵庭岳アップ!

ほとんど雪はありませんね。


Dsc_1667


支笏湖が広すぎて広角レンズをもってしても全景は撮れません。

湖面はみごとな鏡です。
登山は最高ですが釣りは絶望的ですね。

釣り人の悲痛な叫びが山頂まで聞こえてきそうです。

遠くに羊蹄山が見えているのですが少し雲がかかっています。


Dsc_1670



右のとがった小さなピークがこの間登った徳舜別岳、中央がホロホロ山です。
一番左はオロオロ山ですね。

支笏湖周辺の山よりはまだ雪が残っています。



Dsc_1672



そして樽前山。

やっぱりカッコエエ!


Dsc_1674


東山大ズーム!

今回カメラはニコン1を持っていったので35㎜換算で最大310㎜程度までズームできます。
迫力があります。

がしかしこの写真も失敗。
本当は抜けるような青空なんです。
樽前山は山体が黒っぽいので空が露出オーバーになってしまいます。
これがカメラの限界。
フォトショップなどの画像ソフトで修正するしか手はなさそうです。

それにしても人間の目は性能が良いですね!

ちなみにこの時はまだ5合目ゲートは閉まっています。
今日は風もなくとても心地良いので山頂ランチライムになりました。

樽前側から熊鈴をガラガラ響かせて登山者が一人登ってきました。
ゲートが閉まっているので7合目ヒュッテまで歩いたそうです。

天気が良かったので大沢を登ろうと思ったそうですが例の遭難者がまだ見つかっていないことを考えてやめたそうです。
登山中に仏様を見つけたくはありませんから。


Dsc_1690


昼食後、急斜面を一気に下り樽前側の裾野に降りてきました。

ウコンウツギが咲いていました。
でもこれ1本だけ。
他はまだつぼみです。

あと10日ほどすると樽前の裾野は黄色一色に染まります。


Dsc_1688


広大な樽前山の裾野です。

もう少し山を下ったところから今日のメイン、楓沢に向けてルートを変えます。
楓沢は数年前に一度下っています。
きれいな苔の洞門が見たくて再訪です。

登山道は無くなりますのでコンパスの指針を楓沢源頭に合わせて灌木帯をしばらく歩きます。


Dsc_1694


間違えずに無事に楓沢に進入できました。

前に訪れた時は踏み跡は全くなかったのですが、なんとなく沢地形が現れたあたりから踏み跡が出現しました。
しかし獣道かもしれないので安心できません。
コンパスで方向を確認しながら進むと楓沢着きました。

あれから登山者の間でけっこう有名となりかなり人が入っているという話は聞いていました。
岩に着いたコケにも登山靴で傷つけた跡がありました。

ちょっと残念です。


Dsc_1702
Dsc_1707


洞門の中です。

薄暗くひんやりしています。
レンズにグリーンのフィルターをかけて撮ればよかったと後悔しています。


Dsc_1717

巻き道の急斜面をロープを伝って降りる友人です。

前に来たときは巻き道を探すのにとても苦労したのですが今ははっきりしており間違えるようなことはありませんでした。


Dsc_1726

一番下の第一洞門です。(勝手にそう呼んでいます。)

楓沢は2つの大滝が苔の洞門を3つに分けています。
もっとたくさん画像を見たい方は過去記事をご覧ください。
(2017/7/7 苔の洞門)

第一洞門から出て砂地の涸れ沢を20分ほど下ると国道に出会います。

北尾根登山口からGPSデータログで12.053㎞、登山時間約7時間(休憩を含む)でした。



Photo

2018年6月 1日 (金)

5月のフィッシングガイド

今年は早い時期からフィッシングガイドの依頼が多くとても忙しい5月となりました。

5月といえばまだ雪代の季節、満足に釣りができる川なんてそんなにありません。
必然的にエリアは千歳川や支笏湖になってしまいます。

ほんの一部ですがガイド風景の一部をご紹介します。


Dscn0764


東京からきたお客様です。

この日は手がかじかむほど寒い日でした。
ドライフライ希望だったのですがもちろんライズは一切なし。
ドライへの反応はまったくありませんでした。

午前の部はボウズで終わりいったん上がりました。

昼食後、再び再挑戦。
ドライフライはあきらめてウェットフライに変更しました。
お客様はウェットは初めてだったので練習しながらの釣りだったので何とか20㎝くらいのブラウンを釣ることができました。

全部で5~6本ヒットしたのですが不慣れなダウンでの釣り。
ヒットの瞬間、どうしてもロッドを引いてあわせてしまい結果バラしてしまいます。

苦戦していましたが慣れの問題ですので頑張って下さい。


Dscn0770


大阪からきたお客様です。
今年で2度目です。

この日は天気が良く比較的暖かい日でしたがライズは無し。
ウェットで釣り下ってドライで釣り上がることにしました。

20㎝ほどのブラウンが数本釣れましたが大きいのが出ません。
1時間ほどすると突然バタバタとライズが起こり始めました。

15mほど下流のボサ際でひときわ大きなブラウンがライズしたので静かに近づいてフライを流し込むと一発でヒット。
河川規模に似合わない40㎝オーバーのブラウンがかかりました。

ドラグがジージーと出されていきました。
一生懸命魚と格闘していたのですがなんとフックがはずれてバレてしまいました。



でもその後、


Dscn0774


35㎝くらいですが良型を釣り上げることができました。

太い立派なブラウンでした。



Dscn0784


お次は支笏湖です。

札幌在中のお客様ですが子供にあまり手がかからなくなりそうなのでルアーフィッシングをしてみようと思っているそうです。

何もわからないということでしたので知識と実技の練習というスタイルでのガイドでした。

湖面はほとんど鏡状態。
大型魚は絶望的ですのでアメマスを狙いましたがまだ岸寄りしていず大変残念ながら釣れませんでした。
やはり支笏湖は難しい湖です。


諸事情でHPに上げられないケースや画像の撮り忘れなどで紹介できないお客様もたくさんいますのであしからず。


6月になるといよいよガイドも本格化してきます。

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »