フォト
2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

雨雲レーダー

今日の月齢

無料ブログはココログ

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月31日 (日)

大晦日

早いものでもう2017年も終わろうとしています。

歳を重ねると月日が経つのがとても速く感じますね。
来年はどんな年になるのでしょうか。
年が明けるとまたワカサギツアーが始まります。
また茨戸に春まで缶詰になる日々が続きます。

本年は皆様に本当にお世話になりました。
来年もよろしくお願い申し上げます。
 
2018年は1月5日(金)より営業しております。

2017年12月30日 (土)

荒れ狂う旭岳

いやはや、ずいぶんブログの更新をさぼってしまいました。
あっという間にもう年末。
あと一日で2017年も終わろうとしています。
今年最後の悪あがきという訳ではありませんが更新しようと思います。

30日、今年最後の登山で旭岳に登ってきました。
少し前に一度ゲレンデスキーには行ってきたのですがどうしても新雪が滑りたい。
そんな思いから仲間のK氏を誘っての山行でした。

天気予報と天気図をにらめっこして日程を30日に決定。
曇りではありますがまずまずの天候と踏んで早朝に旭川に向けて車を走らせました。

途中の画像はありませんが東川付近からは旭岳が山頂までその神々しい姿を見せてくれました。

午前9時20分発のロープウェイに乗り姿見駅に到着しました。


Pc300007


ロープウェイの駅からは旭岳石室が見えていました。


だだっ広い真っ白な高原を姿見の池目指してスキーでラッセルです。
とはいっても深い所で膝下まで。
快適にスキー歩行することができました。
石室は半分ほど雪で埋没。
2階の出入り口は扉が凍り付いていて開くことができませんでした。
奥にバックカントリーを楽しむ外人さんがいます。
彼らはここからスノーボードで盤の沢方向に滑降するようです。

この時も風はかなり強かったのですがこの後もの凄い事態になるとは想像していませんでした。


Pc300011
Pc300016


標高1800mを越えたところです。

太陽は出ているのですが強風によるブリザードで視界がかなり悪くなってしまいました。
風速も時々20mを越えることもあり耐風姿勢をとることもしばしば。
おまけにめちゃくちゃ寒く左目の横が凍傷になってしまいました。

気合を入れてまだ上に登ることはできたのですが無理は禁物と判断して下山を決めました。

シールをスキーから剥がして準備を整えて滑降開始!


なんて簡単にはいきませんでした。

なにせ凄いブリザード。
ときおり足元さえ見えなくなります。
目印の石室も当然見えません。
尾根から絶対はずれないように慎重に下りました。

やっと石室の手前に着いた時、吹き溜まりにできた雪庇が見えず踏み抜いて転がり落ちました。高さが2mほどだったので怪我もせずにすみました。
でもここからが大変でした。

強風でホワイトアウトした大雪原を姿見駅まで歩かなくてはなりません。
風はどんどん強くなりもう天地の区別がつきません。
距離は700mほどでしょうか。
コンパスを駅に合わせて滑り出しました。
途中何度もコンパスで方向を確認しながら歩き続けるとなんとドンピシャで駅に到着。

我ながら満足のいく計器歩行でした。


Pc300020


姿見駅はもう立っていられないほどの強風とブリザードでした。

スキーをはずして待合室に転がり込みました。
案の定ロープウェイは強風のため運休。
1時間ほど避難していましたが一向に風がおさまる様子はありません。
15人ほどロープウェイの運航再開を待つお客さんがいました。

午後1時、強風の中スキーコースをたどり下山することを決意。
身支度をして外に出ると本当に吹き飛ばされるような風が吹いていました。
わずかに視認できるスキーコースのポールをたどりながら歩いたのですが風が尋常ではありません。



Pc300002


実は先月、面白半分でこんな物を購入していました。

ケストレル風速計。
アメリカ製でちょっと値段が高いのですがスキージャンプ競技で風速を測るのにも使われている高精度な風速計です。
こいつは瞬時に気温も計測します。
またその時も体感温度も計算してくれます。
アマゾンで売られている安物の〇〇製とは全然違います。
今回こいつを持って登っていたのです。
この尋常でない風。
試すにはもってこい。
さっそく首から下げていた風速計を取り出して風に向けました。

目を疑いました。
証拠写真を撮りたかったのですがカメラなんか出すことができる状況ではありません。

よく吹き飛ばされなかったと思います。
(別なものが吹き飛ばされましたが)

久しぶりに、というか遠い昔ぶりに山でこんな強風を体験しました。

最大風速37m、平均33m
おまけに気温-23℃
体感温度 書く勇気がありません。

もうこんなところに長居はできません。
慌てて手袋を履こうとしたら片方があっという間に飛ばされてしまい山の餌食に。
ブラックダイアモンドの2万円以上もする高価なグローブだったので大ショック!



Pc300021


かろうじて見える標識だけが頼りです。

足元が見えないのでとても滑るなんてことはできません。
少しでもバランスを崩すと風に吹き飛ばされて転倒。

こんな過酷なスキーは初めてやりました。



Pc300027

Pc300030


この違いはいったいなんでしょう。

高度を落しただけで同じ旭岳とは思えない光景です。
それにしても今回の登山は激烈でした。
駐車場に降りてスキーを外した瞬間、生還した喜びが沸々と湧いてくるほどでした。
1800mで諦めて下山したのが正解でした。

無理していたらいったいどんなことになっていたか・・・

このブログも書けないことになっていたかも・・・



20171230

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »