フォト
2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

雨雲レーダー

今日の月齢

無料ブログはココログ

« フィッシングガイド | トップページ | 変態が釣った! »

2017年7月 7日 (金)

苔の洞門

樽前山登山のガイドをしたお客様のたっての要望で苔の洞門に行ってきました。
とはいっても本家本元の洞門ではありません。
本家本元は洞門の崩壊によって立入が禁止されているので行くことはできません。
今回行った洞門は楓沢にある洞門です。

楓沢といっても一般の人は全く知らないと思います。
支笏湖南岸を通る国道276号線をモーラップを過ぎてしばらく走ると楓沢にぶつかります。
いろいろな事情があり場所について詳しく書くことはできません。

沢といっても普段は水が流れていない枯れ沢になっています。

最近では登山者にはけっこう広まっているみたいですが一般の人はまず知らないと思います。
一般的に登山者は風不死岳や樽前山の下山時に楓沢を下ることが多いです。
その途中にすばらしい苔の洞門が存在します。

今回は急なリクエストだったため装備を持っておらず下山ルートとして使うことができなかったので支笏湖側から一部を案内することにしました。

まずは画像をご覧ください。


P7030018

P7030024

P7030026


どうですか。

すばらしいでしょう!
僕としては本家本元より綺麗だと思うのですが。


P7030029


P7030031


P7030033


P7030035


この画像は洞門のほんの一部です。

勝手に第一洞門と呼んでいますが途中滝を挟んで上流側にもまだまだ続きます。
滝を越える巻き道もあるのですが一般の人にはかなり危険でお勧めはできません。
また洞門じたい砂岩で構成されているので崩れやすく落石の危険もあります。
従ってヘルメットは必携です。

いつもでもこの景観が保たれることを願うばかりです。

« フィッシングガイド | トップページ | 変態が釣った! »

それが見たい!」カテゴリの記事

コメント

改めて見ても素晴らしい景色ですな。地形図とにらめっこしながらルートを探したのが懐かしい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 苔の洞門:

« フィッシングガイド | トップページ | 変態が釣った! »