フォト
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

雨雲レーダー

今日の月齢

無料ブログはココログ

2019年4月13日 (土)

積雪期に登りたかった空沼岳

ここのところ、毎週のように山に登っています。
昨年膝の調子が悪くほとんど登っていなかったのでその反動でしょうか。
山登りが楽しくてしょうがありません。

特に積雪期は景色がとてもきれいです。
雪のあるうちにできるだけ登ろうと思っています。


ということで今週は空沼岳に登ってきました。

札幌近郊の山で恵庭岳の隣にあります。
が火山である恵庭岳とは違い大規模な地滑りによってできた特異な形の山です。
頂上台地両側は鋭く切れ落ちた痩せ尾根となっていて積雪期には風下になる東側に巨大な雪庇が
できるのでとても危険な稜線となります。
また崩れ落ちた大量の土砂が堆積して複雑な地形を形成しているため視界不良時には道を見失なう
というリスクが高まる危険な山に変身します。

今回は夏道がある一般的な万計山荘コースではなく訪れる登山者も少ないマニアックな金山林道
コースから空沼岳に迫りたいと思います。


P4090079


国道453号線、通称札幌支笏湖線沿いに金山林道入り口があります。

ゲート前後は除雪されていて車を停めるスペースは十分にありました。
実はスタート時にゲートの写真を撮り忘れてましたのでこの画像は帰着時に撮ったものです。

ここで登山の準備を整えて6時10分空沼岳に向けて出発しました。


P4090001



ゲートを越えてすぐにまたゲートが現れました。

じつはここは鉱山会社が借地している所で関係者以外の立ち入りは禁止されています。
本来であれば入ってはいけない場所ではありますが少しだけ目をつむっていただきます。
というかどの範囲が立ち入り禁止なのかまったくわかりませんし、今シーズンは管理の人が来た形跡は
ありませんでした。

別に不審者ではありませんし速やかに通過しますので許して下さい。


P4090003



しばらくは右岸沿いの雪に埋まった林道を進みます。

のはずですがすぐに異変に気が付きました。
なぜか目的地と林道の進む方向が違うのです。
地図を確認すると金山林道は1本しかありません。
仕方なくGPSを見るとやはり予定ルートより大きくコースがずれています。
何が何だか理解できませんが予定コースに復帰すべく修正をすると本ルートに出る
ことができました。
なんてことはない、地図にはないもう一本の林道が存在していたのです。
しかも金山林道より立派でカーブミラーもある目立つ支線が。
幸いにもすぐに気が付いたのでほとんどロスはありませんでした。
気が付かなければ全く違う沢に入り込むところでした。

少し積もった新雪の下が固かったので快適なスキー歩行ができました。
ここで左岸にスノーブリッジを使って沢を渡ります。
雪が多かったのでいたるところにスノーブリッジがあり安全に超えることができました。


P4090004

P4090007



こんな所を稜線目指してひたすら歩いていきます。

林道は約4㎞ほどなので1時間くらいで消化できる予定です。
天気も良く鼻歌まじりで歩いていると遠くで底雪崩のごう音が響いてきました。
春山ではよく聞く音ですが嫌なもんです。
この季節に底雪崩に巻き込まれると体がバラバラにされてしまいます。


P4090008



わかりづらいですが林道から目指す稜線が見えてきました。

まだまだ遠いですがやはり稜線が見えると俄然元気が出てきます。
気温も-2℃と比較的高く軽く汗ばむような陽気です。

P4090010



7時40分、3.5㎞の林道を歩き通して漁川林道との交点まで登ってきました。

看板には光竜鉱山線と表記がありますが金山林道との関係がよくわかりません。
延長距離も違っています。
いったいなんでしょうかね。


P4090014



ここでザックを降ろして小休止。

山専ボトルに入れてきた熱いお茶がとても美味しい。
この頃になって右足の付け根が少し痛むようになってきました。

林道はここで終わり、ここから先は樹林帯のバリエーションルートに突入します。
コンパスの針を空沼岳に合わせて出発しました。


P4090015

P4090019



見ての通りけっこうな樹林帯です。

登りは良いですがスキーでの下りはちょっと厳しい感じです。
調子に乗るって滑ると木に衝突ですね。

吹雪いている時はデポ旗かピンクテープの目印が必要です。


P4090021

P4090022_2



C900ほどで一段目の急登です。

画像ではわかりづらいですが結構な斜面です。
もちろん直登はできませんのでジグを切って登っていきます。

空模様が何やら怪しくなってきました。
稜線付近からゴーという風の音も聞こえています。

もう吹雪は勘弁です。


P4090024



と思っていたら予想通りあっという間にこうなってしまいました。

でもまだ視界があるのでマシとしましょう。
空沼岳へと続く断崖絶壁の稜線が迫力満点です。


P4090025



やっと空沼に着きました。

これは空沼(からぬま)と呼びます。
同じ字を書いてそらぬまとからぬま、なんか面白いですね。
空沼といってもちゃんとした水のある沼です。
もちろんこの時期は凍結しておりますが。

ここから空沼岳コルの稜線を目指して大斜面をトラバースするように高度を上げていきます。
幸いこの頃には雪も止みまた青空が広がってきました。

急斜面はジグを切って登るのですがなかなかきつい登りでした。


P4090029



途中から山頂を捉えました。

よく見えないと思いますが東側に巨大な雪庇ができています。
急斜面のトラバースで足が攣りそうになりながらもコルを目指しました。


P4090034



すごい稜線です。

あんなに大きな雪庇が崩れたら一巻の終わりですね。


P4090043




コル付近からみた山頂台地です。

かなりの傾斜ですが雪の付いた白い部分を登ります。


P4090057



振り向くと支笏湖が見えました。中央の恵庭岳がカッコいい!

ここから最後の急登に挑みます。
がしかし、少し登った痩せ尾根の途中でスキー登行を諦めざるを得ませんでした。
右に大きな雪庇があるのでジグを切ることができません。
シートラも考えましたがこの痩せ尾根を雪庇を避けて滑り降りる自信がありませんので
デポすることにしました。

ツボでは足首くらいまで埋まりますがそれほどの距離ではありません。
クラストもないのでアイゼンは付けずにキックステップで着実に登っていきました。


P4090059



10時36分、念願の空沼岳(1251m)山頂です。

急登を登り切ってすぐに山頂だと思っていたのですがまだずっと先でした。
平坦な稜線を歩くのですがハイマツを踏み抜いて何回も転倒。
山頂手前の痩せ尾根は雪庇があるので下手に尾根筋は歩けません。
思わぬところで体力を消耗してしまいました。

少し寒いくらいで風もなく平穏な山頂でした。
持ってきた三脚を設置してセルフ画像を撮ることができました。


P4090060



山頂から切れ落ちた東斜面です。

落ちたら下まで止まる事はないしょう。


P4090064

P4090068



1枚目の画像右側にある白っぽい物は札幌ドームです。

2枚目は藻岩山スキー場が見えています。


P4090070




札幌岳です。

空沼岳から縦走することもできます。


P4090056_1



漁岳です。

これも稜線を歩いて縦走することができます。
漁岳の山体はとても
大きいですね。


P4090066_1



山頂手前の痩せ尾根です。

大きな雪庇ができています。
岩の出ているところが尾根筋です。
知らずに岩より少しでも左にいくと踏み抜いて落ちます。


P4090072



万計山荘の赤い屋根が見えました。


P4090074




手前から空沼、左にイチャンコッペ山や紋別岳、右に恵庭岳、風不死岳、樽前山もちょっと見えています。

こんな景色を見ていると下山したくなくなりますね。
しばらく山頂でたたずんでいると年配の男性がカンジキをはいて単独で登ってきました。
万計山荘から上がってきたそうです。
年季の入ったジャケットが経験を物語っていました。

ここで昼食と思ったのですが少し寒いので空沼辺りまで降りて食べることにします。


P4090076



毎度代わり映えのしないラーメンです。

実は今回奮発してゆで卵も入れようと思いセブンに寄ったのですがなんと売り切れ。
続いてセコマにも寄ったのですがここにもなし。
いったいどういうこっちゃ!

ブチ切れました。

空沼までの滑降は最高ですが登り返したくないので今回はパス。
所々に広がる疎林帯でターンを楽しみながら降りていきました。

樹林帯はやはり怖いので大ボーゲン大会。
注意しながら木のない林道まで降りました。


P4090078



林道をぶっ飛ばすとあっというまにゲートに到着。

朝よりさらに雪が溶けていました。


P4090077



オマケ!

上の画像を撮ったところで発見しました。
林道のど真ん中、まるで縄張りを誇示するかのような奴の糞。

登りは雪に埋まっていてわかりませんでしたが溶けて出てきたのでしょう。
冬眠から覚めて活動期なったんですね。
気を付けましょう。

総行動距離 16.4㎞
総行動時間 6時間48分


Photo_2


2019年4月 6日 (土)

2度目のチセヌプリ

徳舜瞥岳に続いて今度はニセコ連山のチセヌプリに登ってきました。

チセヌプリは数年前に相棒と2人で登ったのですが猛烈な吹雪に見舞われて山頂標識がわからずすぐに下山した山です。
今回は某自動車会社の店長を誘って登ってきました。

ちなみにチセ・ヌプリとはチセ(アイヌの伝統家屋)の形をしたヌプリ(山)という意味だそうです。



P4020001


登山口になる旧チセヌプリスキー場の駐車場です。

天気図を確認するとこの日は低気圧が接近しており天気は下り坂。
午後から崩れ出して夕方には吹雪になると予想しました。
本当はシャクナゲ岳とチセヌプリをぐるっと周回して戻ってくる計画だったのですが、天候悪化もあって
相談した結果、今回はチセヌプリに的を絞ることになりました。

すでに停まっていた車は1台。
ちらほらと雪が降っていて5㎝ほどの新しい雪が積もっていました。



P4020003_2



今は営業していませんがチセヌプリスキー場のセンターハウスが見えます。

その脇を通ってスキーコースを登っていきますが、少し雪をかぶったトレースが数本ありました。
7時40分駐車場を出発しました。


P4020004
P4020006



こんな感じのところをスキーで上がっていきます。

もう4月ですのでパウダーというわけにはいきませんがそれでも気温が低いので気持ち良い
シール登行ができました。
失敗だったのはスキー表面に着雪防止処理をしてこなかったこと。
雪が大量に張り付いてスキーが重い!



P4020008

P4020013

だんだん標高が上がってきました。

ここはほぼスキー場のコースを登り切った地点です。
降っていた雪も止んで時折青空がのぞくようになりました。

谷を登ってきたので頭上の大きな雪庇と雪崩のデブリが気になりましたが無事通過。
このあたりからコンパスを合わせてチセヌプリへと進路を変えました。



P4020015



遠くにスキー場のリフト降り場が見えています。



P4020019


チセヌプリまではこんな林の緩斜面を進んでいきます。

灌木がないのでスキー滑降が楽しそうな斜面が続きます。



P4020020



チセヌプリの壁に取り付いた時、雲で覆われていた山頂方向が見え出しました。

俄然元気が出てきました。
そのまま急斜面にスキーを履いたままジグを切って突入。
風もなく快適な登山です。




P4020023



標高990mで新雪の下が固いクラストになってしまいました。

ジグを切ってもスキーが横滑りしてしまい登ることが困難になりました。
クトーを装着すればまだまだ行けるのですがこの日は持ってきていません。
無駄に体力を消耗するのも嫌ですのでここでアイゼンに履き替えることにしました。

さぁて、スキーをどうしたものか。
シートラで山頂まで担ぎ上げるかここにデボするか悩みました。
僕としては山頂までシートラしたかったのですが・・・
一応店長に聞いてみたところ、即答でデポに決定しました。⤵



P4020026



斜度はだいたいこのくらいです。

後ろに山が見えているのがわかりますか。
シャクナゲ岳です。

こんなに天気が良いならシャクナゲ岳に行けそうな気がしますが・・・



P4020030



先日登った徳舜瞥とは違いアイゼンの爪がしっかりと効いて快適な歩行です。

これだけ効いていると急斜面でも全く怖くありません。



P4020029



見上げるといよいよ山頂直下です。
きっと良い展望が待っていることでしょう!



P4020033

P4020032



10時40分、チセヌプリ山頂です。
標高は1,135m。

立派な山頂標識が立っていました。
前回登った時は猛烈な吹雪のためこの標識がどこにあるのか全く見えませんでした。
こんなに大きなものが立っていたんですね。



P4020037



地図である程度はわかっていたのですが意外と広い山頂です。

標識がないとちょっとわかりづらいかもしれません。
積雪期では久しぶりの天国のような気持ち良い山頂です。
ですが気温は低いです。
この時は-9℃でした。

反対側(岩内側)の眼下には青々とした日本海が広がっていました。
泊原発も見えました。


P4020040



店長得意のポーズ。

登りでは死にそうな顔をしていましたが山頂に着くと嘘のように復活!
履いていた兼用靴のサイズが小さく軽い靴擦れをおこしていたようです。



P4020043



少し雲が掛かっていますが手前からニトヌプリ、左側奥がイワオヌプリ、右の一番高い山がアンヌプリです。

ニセコの積雪期でこれほど展望が望めるのはあまりないことです。
とってもラッキーでした。



P4020045



山頂から少し降りたところから撮影したシャクナゲ岳です。

スキーには最高の斜面ですね。
近々登ってこようかななんて思っています。



P4020047



アイゼンを効かせながら軽快に下ってスキーデポ地点まで降りてきました。

途中でバックカントリースキーを楽しむカップルとすれ違いました。

お待たせしました。
昼食は定番のラーメンです。(魚肉ソーセージ入り)
やはりこの袋ラーメンが一番うまい!

まだ時間もあるのでゆっくりと食事を楽しみました。



P4020048

P4020049



昼食後、身支度を整えていよいよ滑降開始。

クラスト斜面が少し怖いですが気合を入れて華麗にスタート!
ところが思った以上に雪が重くすぐに腿がパンパン。
おかげで滑りはヨレヨレになりみっともない滑りになってしまいました。

歳はとりたくないものですね。



P4020050



スキー場とのコルまで降りて振り返るとチセヌプリのスカイラインがくっきりと浮き出ていました。

やはり山は天気が良い方が断然楽しいですね!
地獄はもう懲り懲りです。

スキー場コースへと復帰して一気にふもとまで滑り降りました。



P4020054



もう腿とフクラハギが限界と思った頃、センターハウスまで無事降りてきました。

途中の林間ではバランスを崩して危うく木と衝突しそうになりました。
やはり滑降時はヘルメット必須かもしれません。

天候にも恵まれた今回の山はとても楽しい山行となりました。
1人も良いけど2人でワイワイ言いながら登る山も楽しいですね。

このあと里に下りて温泉につかって帰ってきました。

この頃山は厚い雪雲に覆われていました。
温泉から上がり車を走らせると突然前も見えない猛吹雪に。

やはりシャクナゲ岳まで行かなくて正解だったかもしれません。


行動距離 7.5㎞
行動時間(休憩含む) 4時間34分 


Photo_1

2019年3月31日 (日)

春の徳舜瞥岳に登った。

ワカサギツアーも無事に終わりやっと自分の時間を楽しめるようになりました。

今年のツアーは2月中旬頃まで続いた大雪と大寒波のおかげで予定通り3月10日まで催行することができました。


というわけでいきなり山に登ってきました。

実は昨年、右膝の故障によりほとんど山に登っていませんでした。右膝を内側に曲げると痛みが走るので胡坐をかくことができませんでした。
そんな状態ですので今シーズンは楽しみにしていたスキーにも行けずじまい。

しかし雪山を見ているとどうしても登りたい衝動にかられいてもたってもいられなくなりました。
膝の不安はありますがもし痛くなったら途中で引き返すこともできます。
「試しに」という気持ちで準備を始めました。

本当は不安もあったので仲間と2人で行く予定だったのですが風邪を引いたらしく単独で登ることにしました。

目的の山は大滝村の徳舜瞥岳。
夏や残雪期に登ったことはありますが積雪期は初めてです。
コースは以前から狙っていた上野コース。牧場コースとも呼ばれています。
冬山登山では一般的なルートですが北海道雪山ガイドでは総合点75点の上級コースとなっています。



P3280001_1


夏道登山口への分岐を少し過ぎて更に直進すると市有牧野へ続く道の分岐があります。
ここを左折して100mほど進むと除雪の最終地点となりここに車を駐車します。
以前はもう少し先の農家まで行けたのですが離農でもしたのでしょうか今ではここが終点です。

天気予報では曇りですが強い寒気が入っているため雲の流れが速く時々雪が降ってきます。
天気が崩れないことを祈ってスキーを装着して午前8時少し前に出発しました。

遠くに少しだけ徳舜瞥岳が見えているのがわかるでしょうか。



P3280003 


道路の途中から山頂が見えました。

単調な車道歩きなので退屈ですが硬雪の上に10㎝ほど新雪が積もっていたのでシール歩行は快適!
ガシガシ歩いたと言いたいところですが膝を気遣ってのんびり登山口を目指しました。



P3280005


徳舜瞥岳全容が見えました。

見るからに風が強そうです。
実は今日の登山、3回ほど延期していました。
冬型の気圧配置が長引いていたためなかなか登るチャンスが巡ってこなかったのです。
今日も決して良いとは言えませんがこれを逃したらしばらくアタックできそうにありません。
ダメならすぐに引き返すつもりでした。


P3280006


40分ほどで登山口に着きました。
ここから広大な市有牧野を突っ切ります。

以前はここまで車で来ることが出来ました。
農家の家は玄関や窓が板で封鎖されていて誰も住んでいる気配はありません。

標高567m、徳舜瞥は1309mですので標高差742mの登りが待っています。
コンパスを目標に合わせて歩き出しました。


P3280008

P3280010

こんな感じの緩斜面を登っていきます。

吹雪になったら方向がわからなくなりそうな所です。
時折強く風が吹きますが今のところは全く問題はありません。
トレースが全くなかったのでとても新鮮で気持ちの良いスノーハイクでした。



P3280012

P3280013



どうですかこの雰囲気!
向こうの木の陰から森の妖精が見ているような気がしませんか?

どこか違う世界に迷い込んだ気分です。



P3280017



なんてメルヘンチックな思いに耽っていたら突然吹雪となって現実に引き戻されてしまいました。
寒気の流入で天気がめぐるましく変わります。

広い市有牧野の横断も終わりルートと林道が交差した地点です。
ここから先は何回か林道と交差しながら高度を上げていきます。
現在地を見失わないようにしっかり地図とコンパスで確認しながら進みました。


P3280020



一瞬の晴れ間に見えた山頂です。

大きな木が少なくなり灌木が増えてきました。
風もだんだん強くなってきました。

この辺りで新しいトレースが現れました。
足跡からスノーシュー2人パーティーだと思います。
登りと下りのトレースがついていました。
違うルートから登ってきたのでしょうね。



P3280022

P3280026



標高1050m、徳舜瞥の肩の手前まで登ってきました。
この辺が森林限界でしょうか。
この先はほぼ灌木帯です。

まだ少しスノーモンスターが残っていました。
風も更に強くなってきました。
頑張ってとりあえず肩まで行こうと思います。



P3280029



徳舜瞥の肩を過ぎた1100m付近です。

クラストとアイスバーンでスキーでの登山はもう無理です。
クトーの装着も考えましたがこのアイスバーンでは効き目がありません。
危険なのでスキーをデポしてアイゼンに履き替えることにしました。

風が凄まじく顔が凍傷になりそうだったのでバラクラバを頭からかぶって完全防備しました。

ここから見るだけでも山頂は地獄なのがわかります。

ここでトレースが消えているので先行者はここで撤退したものと思われます。



P3280030



突然雲が切れてきれいな青空が広がりました。

実は余りの強風に撤退も考えていました。
この風の中、最後の壁を登るのはちょっと危険でした。
また左からの風だったので右に吹き飛ばされる訳ですが、右側は断崖絶壁になっています。
もし落ちたら200m以上滑落して命はありません。
まして視界が利かない中での行動は無謀です。

と思っていたらこの青空!
こりゃ行くしかないっしょ!


P3280031
山頂アップ!

頼むから吹雪くな!
祈るような気持ちでした。

アイゼンの爪が刺さらないほどのアイスバーン。
まともに立っていられない強風。
春とは思えない寒さ。

ここで天気が崩れたらとてもヤバイけどもう後戻りはできません。


P3280034



更に近づく山頂。

最後の急登がつらかった。
アイゼンの前爪を立ててほとんど四つん這いで這い上がりました。
ピックがついたストックを持っていたのですが本物のピッケルの方が良かった。
強風でバランスを崩して凍り付いたハイマツにしがみつくこと2回。

とても生きた心地がしませんでした。



P3280035



午後12時20分、ついに落とした徳舜瞥岳山頂です。

本当は山頂手前の写真を撮りたかったのですがそんなことは到底無理でした。
持って行ったケストレルで測定すると最大瞬間風速36m、平均25m、気温-13℃。
ほとんど厳冬期と同じです。

標識をバックに三脚を立ててセルフ登頂写真を撮りたかったのですが状況が許しません。
残念です。



P3280037



稜線の向こうにホロホロ山とオロオロ山が見えました。

次のターゲットはホロホロ山かな、なんて思いながらすぐに下山準備。
山頂滞在時間はほぼ1分、一刻も早く高度を落さないと死んでしまいます。



P3280040



下山時にやっと撮った1枚です。



P3280043



これは何と言うのでしょうか?

ハイマツに雪と氷がまとわりついた状態。
エビのシッポともちょっと違います。

不思議な造形ですね。


P3280044



振り返ると先ほどまでいた山頂が見守ってくれていました。

ここまで下るともう安心です。
デポしたスキーを履いて滑降開始です。
ガリガリのクラスト混じりのバーンは快適とはいえませんが一気に降下しました。



P3280045



スキーなので下りは本当に速い!

途中で昼食を食べてふくらはぎと腿がパンパンになった午後2時20分、無事下山することができました。

行動距離 12.6㎞
行動時間 6時間26分(休憩含む)



Photo

2019年1月27日 (日)

ワカサギツアー

超久しぶりの更新です。
またぼちぼちと書いていきますのでよろしくお願いします。


今年もまたワカサギツアーが始まりました。
今はまた茨戸でトレーラー生活をしています。

今年は暖冬の影響でいつもより少し開幕が遅れてしまいました。
当初10㎝ほどしかなかった氷も現在では40cmくらいまで厚くなりました。



Img_0033



この日はとてもきれいな青空が広がる最高の一日でした。

平日でしたので一般の釣り人は少なく釣り場はずいぶん空いていました。
釣果ですが出だしはまずまずというところでしょうか。

一日やって一人150匹はいけると思います。
このままこの釣果が続くといいのですが・・・


Img_0030



ツアーテント近くで釣りをしていた一般の釣り人です。


この日はけっこう寒かったのですがテント無しで頑張っていました。



Img_0034


ツアーのお客様です。
釣れるたびに大喜び!
やはり釣りは釣れないとだめですね。
これからワカサギ情報を逐次お伝えしていきたいと思います。

2018年7月 7日 (土)

樽前山登山ガイド

樽前山の登山ガイドに行ってきました。

栃木県からご夫婦でやってきたお客様です。
本当は昨日登る予定でしたが大雨の影響で樽前錦岡線が通行止め。
何でも昨年も登る予定が悪天候で中止になったとのことでした。

今年こそはという決意で来ていたので一日ずらして今日登ってきました。

あいにく朝から霧雨の降る天候。
強い南東風が吹いていたので海霧が入り込んでいました。
おまけに寒い!
登山日和とは程遠い天候でした。

ご主人は支笏湖で釣りをするということでしたので奥様をご案内しました。



P7070002



7合目登山口はほとんど驟雨という感じで密度の濃い霧雨が降っていました。

雨具を装着して万全の態勢で出発、途中下山してくる登山者に上の状況を聞いてみると立っていられないほどの強風が吹いているとのことでした。

当初の予定は外輪山一周だったのですがちょっと無理そうです。
とりあえず行けるところまで行ってみることにしました。



P7070004



森林限界を超えたところから風が強くなり山頂は横殴りの雨と爆風!

真っ白な霧の中ですので写真も撮らず山頂に向けてまっしぐらって感じでした。
まぁ寒いこと!
ただでさえ低温なのに風で体感温度が低過ぎです。
普通なら写真だけ撮ってとっとと下山という場面です。

ふと考えました。
お客様の装備はほぼ完璧です。
このまま東山を越えてお花畑ルートを下ることにしました。
南東風なのでルートは風裏になります。
案の定少し進むと風が弱くなりました。



P7070007


イワブクロが満開です。

寒いせいか花はみんな下を向いています。



P7070008


少し色が薄いイワブクロでした。

ここまで下ると風もなく雨も小康状態になりました。
写真は撮りませんでしたがマルバシモツケが一面に咲き乱れとても綺麗でした。




P7070009



風雨がおさまったところでコーヒータイムです。

手がかじかほどの寒さでしたが熱いコーヒーが体を温めてくれました。
この後はヒュッテ目指して黙々と歩いて下山しました。

来年、天気の良い日にまた来てください。

この度はありがとうございました。

«6月のフィッシングガイド