フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

雨雲レーダー

今日の月齢

無料ブログはココログ

2017年9月23日 (土)

紅葉を見に旭岳に登った。

朝晩はめっきり冷え込むようになりました。
日中はまだ半袖でも大丈夫ですが夜はもうダメです。
足早に秋がやってきたようです。

大雪山は日本一早い紅葉の真っ盛り!
先週の台風で葉が落ちてしまったそうですが早速見に行ってきました。
登ったのは主峰旭岳。
とても寒い日でしたがとりあえず山頂を目指しました。

夜中に走ったのですがずっと雨。
特に美瑛周辺は土砂降りでした。

P9210004

午後から晴れるという予報を信じてまずはロープウェイで姿見駅まで上がりました。

赤と緑、黄色のコントラストが見事!

気温はここで7℃くらい。
山頂の予想気温は3℃くらいなもんでしょう。
風は12~13m吹いていると思いますので体感温度は氷点下です。

晴れると信じて出発しました。

P9210006

15分ほどで姿見の池に到着です。

朝が早いのでまだ観光客はいません。
ちょうど西側に青空が見えてきました。

このまま晴れてくれれば万々歳です。


P9210008

姿見駅に振り返ると紅葉が綺麗でした。

空気が張り詰めるように冷たく手袋なしでは手がかじかむほどでした。


P9210012

なんとなんと、遠くに当麻岳から比布岳に続く稜線が見えてきました。

こんなに早く雲が上がるとは予想していませんでした。
しかし旭岳は8合目付近から上が雲に覆われて見ることができません。

この時は晴れるのは時間の問題と思っていました。


P9210013_2


8合目ですでに雲の中に入ってしまいました。

次第に風も強くなってきましたがまだ大丈夫。
この辺で引き返す登山者も出てきました。

P9210014

9合目の標柱です。

辺り一面真っ白で撮るものがありません。
ちょうど風裏になっているので風はほとんどありません。
見るものが何もないので黙々と山頂を目指します。


P9210017

右手にあるニセ金庫岩を過ぎて正面に金庫岩が見えてきました。

ここまでくると山頂はもう少し。
最後の急登をゆっくり登っていきました。


P9210019

着きました!

が何も見えません。
予想より風が弱かったのが幸いでした。
山頂には5~6人に登山者がいましたが長居をする人はあまりいません。
みんな足早に下山を開始していました。


P9210022

9合目より少し下ったところで昼食です。

やはりラーメンは外せません。
いつもはマルちゃん袋ラーメンですが今日はカップヌードル。
美味しく頂きました。
この辺からなにやら風が強くなってきたような気がします。
雨も少し強く降ってきたので上下雨具を着用して下界を目指しました。

P9210023

姿見の池まで下ってきました。

実は途中猛烈な風に襲われました。
7~8合目付近の風が特に強烈でした。
風に倒されそうになったので瞬間最大風速25mは越えたと思います。
地獄谷方向からの強風を受けて体を斜めに倒しながらよろよろ下山しました。


紅葉が綺麗でしょう!
陽が当たればもっとすごいと思います。

P9210024
P9210029

まるで画家のパレットのような色彩が広がっていました。

しばらく立ち止まって見入っていると時間を忘れてしまいそうです。


P9210025

赤の正体はこいつです。

チングルマ
なんでこんなに赤くなるのでしょうね。
不思議です。
あと1週間もしないうちに大雪山は初雪が降ります。
それが過ぎるとアッという間に白銀の世界が訪れます。


Photo

2017年9月20日 (水)

千歳川のサケ

サケがぜんぜん釣れません。
この時期、主に道北地方に行くのですがまったくダメ。
釣れないっていうかサケが海にいません。
いったいどうなってしまったのでしょう??

千歳川のサケが気になってサーモン橋に行ってみました。



Dscn0613


ヤナの下には数百匹の群れがいました。

見ずらいですが黒っぽいのはみんなサケです。
気付いたのですが今年のサケはみんな大きい!
中には90㎝はあるだろう!っていうビッグサイズも確認できました。

群れの後方にはタマゴ待ちのウグイの大群が控えていました。



Dscn0618


たまたま一匹が水面まで浮いてきたのですかさずシューティング!
少しタイミングが早かったようですが何とか写っていました。

9月19日現在でのインディアン水車捕獲数は20,154匹で昨年実績よりおよそ3,500匹ほど多いようです。
しかし過去5年間と10年間の累計平均でみるとかなり少なくなっています。

太平洋やオホーツク海もはやくサケが回帰してほしいものです。


ちなみにサーモン橋の欄干に偏光フィルムが張ったプラスティック板が取り付けられていました。
観光客用に水中のサケがより見えるように設置されたものです。
そのまま見るよりはるかに見やすいので是非試してみて下さい。

2017年9月18日 (月)

紅葉?

台風18号通過中です。

外は随分と穏やかですが。

Img_1697


里でも紅葉が始まりました。

ってちょっと早くないか?
山では8月の終わりくらいから紅葉が始まっていました。
山といっても大雪山ではないですよ。
標高1000m足らずの樽前山です。

今週、旭岳では初雪が観測されるかもしれません。



Img_1694


ナナカマドの実も赤く色付いています。

本格的な秋の到来です。

2017年9月10日 (日)

夜のお客様

最近になって日が落ちて街灯が点くころ、よくお客様がお見えになります。
お店の看板の明かりに集まってくるもの。

その正体は・・・



Img_1682


こやつであります。

看板の明かりに寄ってくるヒゲナガやカゲロウなどのエサを取っていた時でした。
もちろん池の魚達のエサ用です。
ホウキと塵取りを持って看板の所でかまえていると大きな音を立てて飛んできた昆虫がいました。
最初は何かわからずにビビッていたのですが落ちた虫をよく見るとなんとカブトムシではありませんか。
さっそく店に持ち帰り写真撮影!

最近は北海道でも普通にカブトムシが見られるようになりました。
やはり暖かくなっているのでしょうね。
私の子供の時はクワガタしかいませんでしたから何となく違和感があります。

少し赤っぽいカブトムシですが本物です。
2週間ほど前にも飛んできていました。

北海道のカブトムシは他と比べて少し小さいようです。



Img_1684


顔のアップ。

ちなみに飛んでくるのは今までメスばかりです。
オスはあまり飛ばないのでしょうか?



Img_1687


バックも撮ってあげました。

帰り際に庭の木に置いてきたのですがどうなったでしょうか?
今度はオスが見てみたい!

2017年9月 1日 (金)

ガイドの下見

今日からもう9月です。
早いもんです。
今夜から千歳神社祭りが始まりますが、これが過ぎると本当に秋という感じです。
明日から雨という予報でしたが台風のスピードが遅いこともあって3日まで晴れに変わりました。
毎年雨の事が多い千歳神社祭りですが雨の心配はなさそうです。

昨日、ガイドの下見で十勝地方に行ってきましたがその帰り道、気になっていた鹿追町にあるレストラン「カントリーパパ」に寄ってみました。
以前から前を通る度に気にはなっていたのですが初めて入ってみました。

Img_1643_2

広い芝生の中のこんな洒落た建物がレストランです。

食事のほかにコテージもあって宿泊もできます。
平日ということもあってお昼時でしたが比較的空いていました。
駐車場も広いので混雑しても車を停めることに苦労はしないと思います。

Img_1644

控えめな看板がいい感じです。

一見するとレストランという感じはしないかもしれませんね。


Img_1641

注文したのはハンバーグオムライス。

地元で収穫された素材を使って調理しているそうです。
オムライスの卵がフワフワで美味しい!
ハンバーグも味わい深くてOK!

ガイドや何やらでまともな食事をしていなかったので久しぶりに美味しい料理を食べた気がしました。
「カントリーパパ」で検索するとすぐにヒットするので興味のある方はぜひ行ってみて下さい。

Dscn0577

すぐ裏手に然別川が流れています。

少し時間があったのでさおを出してみました。
ドライフライを流すとこんな20㎝前後のニジマスがポンポン飛び出してきました。
魚影はとても濃くそれほどスレている感じはしません。
あまり釣り人が入っていないのでしょうか?

わずか1時間ほどの釣りでたくさんのニジマスを釣って楽しむことができました。

«雲海の樽前山と秋